O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

O脚の基礎知識

自分で出来るO脚チェック

O脚というものは、自分でチェックすることが可能です。いくつかの項目について、該当するものが多ければO脚といった感じです。自分がO脚であるかどうかを知ることが出来れば、しっかりと対策を立てることが可能です。是非ともすぐにでもチェックしてみましょう。

まず、小さい頃から正座などをよくする。次に、歩くときに内股になっている。別にそんなに太っていないのにお腹だけが出ている。両太ももの間が開いている。その他には、ももの付け根の外側が出っ張っている。膝の外側の骨が出っ張っている。かかとをつけて立つと、つま先が開いてしまう。親指の付け根をくっつけて立つとかかとが付けられない。またくるぶしもくっつかない。

これらの症状のうち、半分以上が当てはまってしまう場合は、直ちにO脚の矯正をしてあげる必要性がありますので、とりあえず病院などにいくことをお勧めします。チェックの数が3個から4個であったとしてもO脚の予備軍の可能性がありますので、この場合も一度専門家に見てもらってもいいと思います。チェック項目が1つから2つだったとしてもO脚になってしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

これらの項目は、自分でチェックするのもいいですが、誰かにそばにいてもらって一緒にチェックしていくとよりいっそう精度が上がります。O脚は矯正することで健康面にいい効果があります。つまり、矯正しないままでは健康に悪影響があるということになりますよね。出来る限り早めの矯正をお勧めしますよ。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved