O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

O脚の基礎知識

主な原因について

まずは、O脚になってしまう原因について考えてみることにしましょう。そもそも、人間が生まれた瞬間は誰もがO脚なんです。生まれたての赤ちゃんを見てもらえれば分かるのではないかと思います。それが、成長するにつれて消えて息、X脚になったあと、正常な状態に戻ると言った感じです。

大体、普通になるのは7歳から10歳前後だと言われています。このプロセスを飛ばしてそのままO脚のまま成長してしまうのがO脚の原因なのだと思われるかもしれませんが、そういうのはまずありません。

実は、O脚の主な原因としては、私たちが何気なくしている動作によって引き起こされるものなのです。横座りや、片足に体重を乗せ立ったり、内股歩きをするなどが習慣になってしまっている人は、O脚になってしまうことが多いです。

普段からの何気ない動作が間接に対してゆがみやねじれを生んでしまいます。これが正面から見たときに足が開いてしまってオーの字に見えるO脚と呼ばれるものになってしまうわけです。

後は、成長期のまだ骨がしっかりと出来ていないときに過度の運動を行ったりするなどして関節に対して負担をかけるなどをしてしまうとO脚の原因になってしまったりもします。ハイヒールなどもそうですね。

とにかく、足に余計な負担がかかってしまうというのがO脚を呼び起こす最大の原因になってしまいます。今からでも自分の普段からの姿勢などを見直してみるのも悪くは無いでしょう。健康にもいいのではないかと思いますよ。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved