O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

マッサージについて

内もも

次に、内もものマッサージですが、この部分もO脚矯正においては非常に重要なポイントになっています。ここまで書くと、どこもかしこもが重要な感じなのですが、この内ももは特に重要なのです。基本的にはO脚の人はこの内ももの筋肉が硬くなって、縮んでしまっているので、特に入念にマッサージをしてあげる必要性があります。一度触ってみると、硬くなっているなということがすぐに分かるのではないかと思います。

この内ももをマッサージするときには、ふくらはぎをマッサージするときと同じ体制で行うようにしてください。そして、片ももの筋肉を両手で掴んであげて、下から上に持ち上げるようにマッサージしてあげてください。これを、両足ともに各1分ずつくらい行ってあげるといいのではないかと思います。

筋肉が縮んでしまった状態では、O脚の矯正に支障をきたす可能性があります。ですから、内もものマッサージは入念に行ってあげる必要があります。本当にじっくりと丹念にマッサージを続けてあげてください。そうすれば、O脚矯正の際にはスムーズに矯正が進んでいくのではないかと思います。

とりあえずO脚で悩んでいるという人は、ここを最重要ポイントとして、マッサージを行っていくといいのではないでしょうか。そうすることで、早めのO脚矯正が実現するかと思います。硬くなった筋肉は、強く刺激すると痛んでしまうことがあるので、そうならないように、じっくりと揉み解してあげるといいかと思います。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved