O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

O脚修正後の状態あれこれ

ふくらはぎはつくが、両膝があく

O脚の矯正をしたものの、両膝があいたままになってしまっている状態ですが、これは全体の1%くらいであるといわれています。つまり、O脚を矯正した場合、大体が両膝がしまった状態になるということですね。

しかし、矯正をしても確かにそのままの状態であるという場合があるということですね。このようなタイプの人の場合は、大抵が成長期に部活動など、激しいスポーツをしていた人になります。

しかし、矯正をしても確かにそのままの状態であるという場合があるということですね。このようなタイプの人の場合は、大抵が成長期に部活動など、激しいスポーツをしていた人になります。

このような、ふくらはぎが発達しすぎてしまっている人がO脚の矯正をしたところで、膝が開いてしまった状態になることはすぐにわかることです。しかし、これは仕方がないことですし、O脚といっても自分の肉体的な特徴にあっている美脚であると言えるでしょう。もしもどうしてもこの状態が気に食わないというのであれば、極端に言ってしまえば、部分痩せを試してみるといいかもしれません。

ふくらはぎの部分が痩せることに成功すれば、つかなかった膝の部分もつくようになるかもしれません。

ただ、痩せるという行為自体が時間と根気が必要ですし、改めてO脚の矯正をしないといけません。どうしても美脚を目指したい、という人は試してみる価値はあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved