O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

O脚修正後の状態あれこれ

両膝とふくらはぎがあく

O脚を矯正したにもかかわらず、両膝やふくらはぎが開いてしまっているという人がいますが、これはいったい何故なのでしょうか。これは、ゆがみやねじれが取れているにもかかわらず、その人の持っている体格や骨格などが原因になっていることが多いです。

例えば、やたら痩せすぎていたり、骨盤の幅が見ため以上に広かったりするばあいです。特に痩せすぎている人は、足も細くなりますので、その分骨格がわかりやすくなりますよね。それで、O脚を矯正しても、少しでも脚がO脚よりだったりすると、そのように見えてしまうということですね。

例えば、やたら痩せすぎていたり、骨盤の幅が見ため以上に広かったりするばあいです。特に痩せすぎている人は、足も細くなりますので、その分骨格がわかりやすくなりますよね。それで、O脚を矯正しても、少しでも脚がO脚よりだったりすると、そのように見えてしまうということですね。

それをすることによって、くっつくべきところはくっつく、離れるべきところは離れる、といった感じの理想的な美脚といわれる脚が出来上がるでしょう。

別に激しいトレーニングをする必要はありません。普通にウォーキングなどをするだけでもかまわない訳です。しっかりとした運動と食事のバランスが取れていれば、脚は理想的な体型に近づいていくかと思います。

痩せすぎでO脚に困っている、という人は、まずは軽くでもいいので、運動をする習慣を身に着けてみてはいかがでしょうか。きっとその方が効率的だと思いますよ。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved