O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

O脚修正後の状態あれこれ

両膝はつくが、ふくらはぎがつかない

O脚を矯正したにもかかわらず、ふくらはぎがあいてしまう人は、矯正した人の4割を占めるといわれています。これは、膝が内向きで、下側が出っ張っていることが目立つ、という人に多いといわれています。これはいったいどういったことが原因かといいますと、やはり普段からの生活習慣であることが多いみたいです。

自身の生活習慣の中では、どうしても知らない間に身体に負担をかけてしまうような姿勢、座り方をしてしまう人が多く、それが結果としてO脚に繋がっていき、矯正をしても修正しきれないくらいのゆがみやねじれを発生させてしまうことになるわけです。

それでも、最初はどうしても修正しきれていない状態であっても、正しい脚のラインを矯正によって作り出してあげることが出来れば、理想的な脚に近づけていくということは可能であると言えるでしょう。問題は、どれくらいO脚を矯正して正しい脚のラインを作り上げてあげるか、そのためにはどうすればいいかということになるのではないでしょうか。

それでも、身体のどこかに特徴があって、O脚の矯正をしても綺麗な脚に近づけることが出来ない場合があります。これは、さすがに矯正のみではどうすることも出来ない身体的な特徴がそうさせているので、仕方がないと思ってあきらめるようにしましょう。

あくまでも矯正というのは、その人が持っている本来の体型に戻してあげるだけということは覚えておくようにしておきましょう。可能な限り美脚に近づけるのは可能なので、その辺は勘違いしないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved