ストレッチやエクササイズ

O脚矯正のススメ

ストレッチやエクササイズ

アキレス腱を伸ばす

この、アキレス腱を伸ばすという行為は、O脚矯正のストレッチの中でも基本中の基本になります。やり始めというのは、絶対に痛いものですが、頑張って続けることで痛みも少なくなってきますので、継続して実践することが重要になってきます。

痛みが少なくなってきたということが実感できる頃には、筋肉も伸びてきているという状態ですので、その状態をキープすることが出来るようにするのが非常に重要になってきます。

アキレス腱のストレッチは、座った状態で片膝を上げます。その状態で、上げている足のつま先を手で引っ張ってあげてください。これだけでオッケーです。両足ともに10秒ずつの2セットを行うようにしてあげてください。

小学校の体操の授業などで、アキレス腱の体操があったと思いますが、あれば、年をとってからでは結構な負担になります。下手をすると一発で腱に損傷を与えるかもしれません。ですので、ここで紹介している方法でストレッチを行うようにしてください。

この、アキレス腱のストレッチを続けることで、基本的には、身体が硬いという人であっても足首が柔らかくなっていきます。その結果として、歩き方や健康についてもプラスの効果が生まれます。

アキレス腱のストレッチは、年を取るとなかなかやろうとは思わないと思うのですが、O脚矯正のためと、普段からの健康のためを思って、是非とも毎日の習慣として実践してあげるといいのではないでしょうか。お風呂上りにやると効果的だと思います。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved