O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

ストレッチやエクササイズ

ベルトを利用する

マッサージやストレッチで硬くなった筋肉がほぐれてきたなと思ったら、いよいよバランスの良いまっすぐな脚を目標とした、O脚矯正法を実践してみるようにしましょう。ここでは、ベルトを使って足のラインを整える方法をとってみましょう。

まずは、足の間にタオルを挟んで、そこにゴムベルトを巻いてあげましょう。そして、薄手のフェイスタオルを4つ折にしてあげて、足の間に挟みます。このとき、足の間からはみ出さないように注意してあげてください。

更にハンカチなどを使い、足を縛って固定しましょう。内くるぶしを保護するための方法ですね。外くるぶしのすぐ上と、ふくらはぎの少し上、この辺りにもゴムベルトを巻いてあげるようにしましょう。

仰向けに寝て尾骨の下にタオルを敷いてください。それから、バスタオルを二枚巻いておきます。出来るだけ硬く巻くようにしてください。膝を立てて、巻いたバスタオルを尾骨の真下に置くようにします。

かかとからお尻まで約30cm程はなれている位が丁度良いです。この時手の平はゆかにつけて置きます。お尻に力を入れももよ引き寄せます。足を伸ばしたときに、真上に行くということを意識してください。そうやって、ももの後ろを引き寄せるようにお尻に力をいれて引き締めます。5秒行ったら休憩といった感じでやってください。これを3セット繰り返してあげます。

ベルトを使って足のラインを整えてあげるというのは、お尻を引き締め、ゆがみを取るのに最適な効果があります。ベルトを締めるのがきついと、膝が十分に伸びないことがあるので注意しましょう。これは、実際にやってこつを掴むのが一番いいかと思われますね。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved