O脚矯正のススメ 骨盤矯正してO脚矯正しよう

O脚矯正のススメ

ストレッチやエクササイズ

ピラティス

ピラティスとは、リハビリの目的で第二次世界大戦の際に考案されたエクササイズです。この為、単なるストレッチとは異なり、身体を鍛えるだけでなく、体質の改善にも高い効果が期待されています。ピラティスがリハビリや体質改善に効果があるとされるのは、外側の筋肉を鍛えるのではなく、身体の内側の筋肉を鍛える効果がある為です。この為、ピラティスを行うと、身体の内側から矯正されていき、自然に姿勢の改善や身体の歪みを解消することが出来ます。

ピラティスは激しい運動は行わないので、運動の苦手な人や、体力の少ない女性も簡単に続ける事が出来ます。ピラティスで大事な事は、呼吸法を意識して身体をゆっくりと動かす事です。また、リラックスした気持ちで行う事が大事で、無理矢理に行っても効果はありません。

ピラティスでは、ヨガのような動きが基本となるので、身体がかたいと行えないのではと考える人もいますが、身体を痛めて無理に行う必要はなく、リラックスした気持ちで呼吸法を意識しながら出来る範囲で初めは動けばいいのです。

O脚の原因は、身体の歪みや姿勢の悪さ、また老化で筋力が衰えた事等です。ピラティスでは、無理のないエクササイズで、身体の内側についている筋肉を鍛えて、衰えた筋肉を復活させます。また、骨盤や骨格の歪みが解消されて、足に不自然にかかっていた負担が解消されて、O脚の矯正を行う事が出来ます。

ピラティスでO脚が改善する場合は、1日に無理にたくさん行うのではなく、週に3回を目標に無理せず、少しずつ行っていく事が大事です。

スポンサードリンク

当サイトからのお知らせ
HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ
O脚の基礎知識
O脚矯正のメリットとは
自分で出来るO脚チェック
主な原因について
美脚とは
O脚矯正の間違った知識
O脚矯正グッズについて
自分での矯正は症状が悪化
両膝がつけばいい
O脚修正後の状態あれこれ
ふくらはぎはつくが、両膝があく
両膝とふくらはぎがあく
両膝とふくらはぎがつく
両膝はつくが、ふくらはぎがつかない
クリニックによるO脚矯正
まずは自分の足を知る
マッサージのポイント
矯正後のケア
股関節や骨盤の調整について
ストレッチやエクササイズ
O脚矯正体操
アキレス腱を伸ばす
ベルトを利用する
腹筋を鍛える
ピラティス
マッサージについて
すね
ふくらはぎ
ももの付け根
足首
内もも
膝裏
間違ったO脚矯正の危険性
クリニック選びについて
矯正の失敗談
広告写真のウソ
間違った矯正によるO脚の悪化
Copyright (C) O脚矯正のススメ All Rights Reserved